UPSソリューションズ

UPSソリューションズ株式会社

サイトマップ

トップページ ソリューション 製品紹介 サービス一覧 ダウンロード 会社案内 サポート・FAQ お問い合せ

インテリジェント機器・ファームウェア更新・脆弱性に関する情報
トップページ > サポート・FAQ > ファームウェア更新・脆弱性に関する情報


 
ファームウェア更新情報、脆弱性の影響に関する情報

UPS・シャットダウンボックス®・電源管理ユニットなど、インテリジェント製品の
ファームウェア更新情報、脆弱性の影響に関する情報をまとめました。

関連 リンク:トップページ ログ取得方法 バックアップ取得方法 停止・起動方法

ファームウェア更新に関する情報
 
18/02/05
LAN I/F カードの一部バージョンにて、バージョンアップが必要になります。
つきましては、該当のユーザー様は下記必要データをダウンロードの上、
バージョンアップの実施をお願い致します。
 
事象: SNMP機能のシャットダウンモードを「RFC互換」(*1)に設定変更している場合、
SNMPマネージャなどからUPS停止 / UPSリセット制御を行ったときにLAN I/F カードの
連続起動時間のタイミング(*2)により、UPSの停止制御が行われないことがある問題を改善しました。
シャットダウンモードを「UPS管理システム」(デフォルト値)で使用している場合は、この事象は発生しません。

(*1) SNMPのシャットダウンモード
デフォルトの設定値は、「UPS管理システム」です。
サーバ等をシャットダウン制御せずに,UPS強制停止させたい場合,「RFC互換」に設定します。

(*2) 連続起動時間のタイミング
が起動してから約248.5日経過するまでは問題なく動作しますが、
この時間を超えた場合に問題が発生します。
約248.5日経過してから約497日までの間にUPS停止 / UPSリセット制御を行った場合、
UPS停止制御が行われず、連続起動し続けて約497日を超えると、UPSが出力オフします。

約497日を越えてからは連続起動時間が初期値0に戻るため、以降は上記の周期により動作します。
対象
バージョン:
ROMプログラムバージョン:P0010533A~Cをご利用のユーザー様
※バージョン確認の方法は下記「アップデート手順」を参照してください。
※バージョンアップの際、UPSは出力停止しません。
※該当バージョン以外はアップデートを行わないでください。
 動作不良を起こす可能性があります。
ダウンロード
ファイル:
アップデートファームウェア(2697KB)

アップデート手順(910KB)


プログラム更新ツール(3122KB)


お手数をおかけ致します。
本件につきましてご不明な点がございましたら、弊社までお問い合わせ下さい。
 

17/09/27
LAN I/F カードおよびUPSS-RDBoxシリーズは、
Web画面 へのアクセスにJavaを必要としますが、
Java8まで対応の従来ファームウェアは、
最新バージョンのJavaであるバージョン9に未対応となっております。

LAN I/F カードおよびUPSS-RDBoxシリーズ側の
ファームウェアのバージョンアップにより、Java9でアクセスできるようになります。

既存ユーザー様には、ファームウェア更新方法を
ご案内致しますので、弊社までお問い合わせ ください。
 
LAN I/F カードおよびUPSS-RDBoxシリーズは、
Web画面 へのアクセスにJavaを必要としますが、
旧ファームウェアは、最新バージョンのJavaであるバージョン8に未対応となっております。

LAN I/F カードおよびUPSS-RDBoxシリーズ側の
ファームウェアのバージョンアップにより、Java8でアクセスできるようになります。

既存ユーザー様には、ファームウェア更新方法を
ご案内致しますので、弊社までお問い合わせ ください。
 

 

18/03/07
SAMLライブラリに関する脆弱性(CVE-2017-11427,
CVE-2017-11428,CVE-2017-11429,CVE-2017-11430,CVE-2018-0489)が
報告されておりますが、
弊社取扱い下記製品は当該ライブラリを使用しておらず
本脆弱性の影響は受けません。

LAN I/F カード
 対応UPS:UPSS-X2UPSS-A3UPSS-A2
UPSS-RDBox
Advanced NW ボード/Advanced NW ボードII

 対応UPS:UPSS-SPUPSS-STUPSS-HPUPSS-HS
UPSS-SDB02シリーズ/UPSS-SDB03-V
 

18/01/22
Meltdown and Spectre Vulnerability CVE-2017-5753, CVE-2017-5754, CVE-2017-5715
に関する報道がされておりますが、弊社取扱いの下記製品に関する今回の脆弱性の影響は以下となります。
 

LAN I/F カード
 対応UPS:UPSS-X2UPSS-A3UPSS-A2
UPSS-RDBox
Advanced NW ボード/Advanced NW ボードII

 対応UPS:UPSS-SPUPSS-STUPSS-HPUPSS-HS
UPSS-SDB02


上記製品につきましては、該当のCPUを使用しておりません。
よって、本脆弱性には該当いたしません。
 


UPSS-SDB03


上記製品につきましては、ユーザー様にて任意のプログラムを
インストールおよび実行させる機能は搭載されていません。
よって、本脆弱性を利用することは不可能となり、脆弱性の影響はございません。

 

GNU bashの脆弱性に関する報道がされておりますが、

弊社取扱いの下記製品は今回の脆弱性の影響は受けません。

シャットダウンボックスAdvanced NW ボード/Advanced NW ボードII
LAN I/F カードNetwork Management Card

 

OpenSSLの脆弱性に関する報道がされておりますが、
お問い合わせフォームなど、弊社WebサイトのSSLは、
本件対象外のバージョンとなります。ご安心ください。

また、弊社取扱いの下記製品につきましても、対象外のバージョンもしくは、
OpenSSLを使用していない製品となり、今回の脆弱性の影響は受けません。
シャットダウンボックスAdvanced NW ボード/Advanced NW ボードII
LAN I/F カードNetwork Management Card

 


このページに関するお問い合わせはお問い合わせフォームまたは 03-5833-4061 までどうぞ。

関連リンク:トップページ ログ取得方法 バックアップ取得方法 停止・起動方法




トップページソリューション製品紹介サービス一覧ダウンロード会社案内サポート・FAQお問い合せ旧機種アーカイブサイトマップ
©UPS Solutions Co., Ltd.