UPSソリューションズ株式会社
ソリューションパーツ/PSS-108MA

関連リンク:
PSS-108の機能 オートリブート機能
カタログ・マニュアル ダウンロード
関連資料 SunFire対応ソリューション
サーバ・ストレージバックアップ
対応ソフト パワーモニタパワーモニタ for Network
 
遠隔電源制御装置
PSS-108/MA

後継機種:UPSS-RDBoxシリーズ

  ダウンロード
カタログ(514KB)
   
PSS-108/MA は、ネットワークを介してネットワーク機器全体の
制御を可能にした1Uラックマウントタイプの遠隔電源制御機器です。
8個のコンセントに接続された機器を個別にON/OFFさせたり、
電源管理ソフト・パワーモニタの組み合わせにより、
稼働中のコンピュータを安全にシャットダウンさせることが可能ですので、
技術者が現地へ赴くことなしにトラブルのあった機器のみをリブートさせたり、
接続されたコンピュータの一括シャットダウンが可能です。
ネットワーク機器の死活を自動で監視・リブートする機能もあります。
PSS-108/MAは、コンピュータシステムの管理コストを大幅に削減し、
ネットワークシステム運用の安全性を高めます。
全ての制御はコンピュータ上のWebブラウザ画面からGUIで操作できます。

電源管理製品クイックリンク

8系統個別制御
死活監視自動リブート
PSS-108/MA 各種センサ接続可能
ラック管理・自動運転
Rack Man
200V・4000VA、100V・1500VA 1U遅延ユニット
停電時自動telnet/SSH2/コンソール送信
UPSS-RDBoxシリーズ
停電時自動telnet/SSH2送信 LAN I/F カード 大容量・特殊形状
遅延ユニット
遅延コンセントBox
クラスタ構成自動運営
電源フェールオーバー
CLUSTER GEAR 停電時自動telnet/
SSH1/SSH2送信
Advanced NW ボード ・
SNMP/Webボード
停電時自動telnet/SSH2送信
汎用インテリジェント管理Box
UPSS-SDB01 電力・温度など
各種計測・集計システム
遠隔計測監視
システム 2300
 
特長
リモートコントロール機能
8系統のACアウトレットを個別にオン・オフ制御できます。
各「ACアウトレット」と連動した「シャットダウンインターフェース」を装備しているため、
動作中のコンピュータのOSを自動終了させた後、停止させることも可能です。
シャットダウンソフト「パワーモニタ for PSS」標準添付です。(専用通信ケーブル「XH-9609」が別途必要)
カスケード接続可能
カスケード接続台数が最大2台→4台になりました!
PSS-108を4台までカスケード接続させることにより、
IPアドレスを消費することなく、最大32のアウトレットに接続された機器を
Webブラウザ上の管理画面より一元管理しコントロールすることが可能です。
※カスケード接続用のケーブルは標準で添付されています。
UPSとの連携
UPSの状態監視や、停電を検知してコンピュータをシャットダウンさせることが可能です。
(シャットダウンには「XH-9609」およびUPSとの通信ケーブル、
もしくはパワーモニタ for Network が別途必要です。)

WindowsNTに標準でバンドルされている”UPSサービス”に対応した
信号出力を装備したUPSであれば基本的に接続が可能ですので、
既設UPSや、接点信号しかサポートしていない大型UPSとの連携も可能です。
遅延制御
各アウトレット個別で、出力の停止時、起動時に遅延時間の設定が可能です。
RAIDシステムを含んだ構成や、CLUSTERシステムなどの起動や停止に
順番付けが必要なシステムにも対応が可能です。
死活自動監視・オートリブート機能オートリブート機能の詳細ページを開きます。
アウトレットに接続されている8台の機器のIPアドレスを登録することにより、
約1分間に1度 ICMP(ping)送信することにより状態を自動監視します。
10回トライしても応答が無い場合には
以下のいずれか、もしくは両方の処理を実行させることが可能です。
メール送信機能が追加されました!


@システム管理者に対しSNMPトラップ・メールを発信して通知する。
A自動的に対象機器の接続されているアウトレットのリブートを実施する。
温度監視機能
温度センサ用ポートを1ポート装備。
温度異常時にサーバをシャットダウンさせることができます。
また、スケジュール運転起動時に温度異常時の場合はサーバを起動させない設定が出来ます。
※対応予定、パワーモニタ for Network が別途必要
メール機能
Ping監視などで異常を検出した際、E-mailで通報することが可能です。
SNMPマネージャなどを準備する必要がありません。 (SNMPトラップも送信可能です。)
WakeOnLAN機能
WakeOnLANに対応したコンピュータであれば、出力ON時にマジックシグナルを発信することにより、
ソフトスイッチ仕様のコンピュータであってもブートアップさせることが可能です。
スケジュール運転機能
パワーモニタ for Network との連携により、サーバのスケジュール運転ができます。
SystemWalker 対応
富士通株式会社製 統合運用管理ソフトウェア「SystemWalker V10」との連携製品認定制度
「SystemWalker Enabled(システムウォーカー イネーブルド)」において認定されています。
JP1対応
統合システム運用管理ソフトウェアJP1 との連携製品として認定されています。
統合システム運用管理ソフトウェアJP1 は、株式会社日立製作所の登録商標です。
UPSS−Oサービス対応
接続調整・ソフトインストール作業を承ります。お問い合わせ下さい
   

前面
前面

背面
背面

@ 10BASE-T
A シリアル通信用UPSポート
B 接点通信用UPSポート
C 温度センサ用ポート
D カスケード用ポート(マスタ)
E カスケード用ポート(スレーブ)
F ACアウトレット LEDランプ(点灯時:電源ON/消灯時:電源OFF)
G シャットダウン信号用ポート
@電源コンセント
Aフューズ
B
ACアウトレット 8個
仕様
対応通信プロトコル TCP/IP (SNMP/Web)
最大制御出力 1500W
電源制御系統 8個8系統
外部インターフェース 10BASE-T x 1
シリアル通信用UPSポート x 1
接点通信用UPSポート x 1
カスケード用ポート x 2
シャットダウン信号出力 (形状RJ11) x 8
使用電源 AC100V ± 10% (50/60Hz)
使用環境 温度5〜40°C 湿度20〜85% (結露無きこと)
外形寸法 445(W) X 210(D) X 44(H)mm 1U、3.0kg
オプション 「パワーモニタ for PSS」用通信ケーブル:XH-9609
温度センサ:ZTEMP-01
増設電源ユニット:PSS-108/SL
対応ソフト パワーモニタ for PSS、パワーモニタ for Network

※シャットダウンソフト「パワーモニタ」シリーズのライセンスは、
  1台のPSS-108に接続された最大8台のコンピュータに対して有効です。

※UPS接続用の通信ケーブルは、接続するUPSにより異なります。詳しくはお問い合わせ下さい


この商品に関するお問い合わせはお問い合わせフォーム
または 03-5833-4061 までどうぞ。

関連リンク:
PSS-108の機能 オートリブート機能
カタログ・マニュアル ダウンロード
関連資料 SunFire対応ソリューション
サーバ・ストレージバックアップ
対応ソフト パワーモニタパワーモニタ for Network

電源管理製品クイックリンク

8系統個別制御
死活監視自動リブート
PSS-108/MA 各種センサ接続可能
ラック管理・自動運転
Rack Man
200V・4000VA、100V・1500VA 1U遅延ユニット
停電時自動telnet/SSH2/コンソール送信
UPSS-RDBoxシリーズ
停電時自動telnet/SSH2送信 LAN I/F カード 大容量・特殊形状
遅延ユニット
遅延コンセントBox
クラスタ構成自動運営
電源フェールオーバー
CLUSTER GEAR 停電時自動telnet/
SSH1/SSH2送信
Advanced NW ボード ・
SNMP/Webボード
停電時自動telnet/SSH2送信
汎用インテリジェント管理Box
UPSS-SDB01 電力・温度など
各種計測・集計システム
遠隔計測監視
システム 2300

TOPソリューションパーツ/PSS-108MA