UPSソリューションズ

UPSソリューションズ株式会社

サイトマップ

トップページ ソリューション 製品紹介 サービス一覧 ダウンロード 会社案内 サポート・FAQ お問い合せ

ソリューション事例
トップページ > ソリューション事例 > 複数台のサーバを1台のUPSで管理する

複数台のサーバを1台のUPSで管理する


UPS 1台で、サーバ・PCを何台かバックアップするケースは多々あります。
その際問題になるのは、すべてのサーバがきちんとシャットダウンが出来るかどうかです。
以下の方法で複数台のサーバ・PCをシャットダウンすることができます。

マスター/スレーブ方式

ユーザーコマンド実行シリアルポートを増やすネットワーク一括管理まとめ
パワーモニタ・マスター/スレーブ方式UPSと1台のサーバをシリアル接続し(マスター)、残りのサーバ(スレーブ)にネットワーク経由で停電信号を送ってシャットダウンします。
マスター
には通常の設定で、
スレーブ
にはスレーブ設定で
シャットダウンソフトをインストールします。

メリット

導入コストが安い → ソフト1本の購入で済みます。
多数のバックアップに使用できる
→ソフト側による台数制限はほとんどありません。
(UPSの容量による制限にはご注意下さい。)

デメリット

マスターが通信不良になると、スレーブとも通信が取れなくなる
→ ネットワークのトラフィックが大きい環境、
クラスタシステムには向きません。
マスターとネットワークセグメントが異なるスレーブは使用できないか、台数に制限がある
Power Monitorはセグメントが異なると使用ません。
BPSPOCは異なるセグメントのサーバも3台までシャットダウンできます。
通信がネットワーク環境に依存する
→ ネットワーク経由で通信するため、ハブなどのネットワーク機器や
ケーブルにトラブルがあるとスレーブのシャットダウンができなくなります。
間にあるハブ等もバックアップする必要があります。
関連製品
BPSPOC
SANUPS SOFTWARE

ユーザーコマンド実行

[スクリプトの解説ページへ]
マスター/スレーブ方式シリアルポートを増やすネットワーク一括管理まとめ
FeliSafe シャットダウン時動作設定画面ほとんどのUPS管理ソフトウェアは、ユーザーコマンド実行機能を備えています。これにより、シャットダウンの実行時に任意のアプリケーション・コマンドを実行・停止させることが出来ます。
UPSと1台のサーバをシリアル接続し、シャットダウンソフトを
インストールし、コマンドを設定します。

メリット

導入コストが安い → ソフト1本の購入で済みます。
自由に設定できる
→ソフト側による台数制限はほとんどありません。
また1台以外はコマンド送信により管理するため、
ソフトの対応していないOSでもシャットダウンできます。

デメリット

FeliSafe コマンド指定画面ソフトをインストールしたサーバが通信不良になると、
スクリプトが送れなくなる

マスター/スレーブ方式と同様に、ソフトをインストールしたサーバが
落ちてしまうと、他のサーバとは通信が取れなくなります。
コマンドを設定する必要がある
ユーザーコマンドはサポートの対象外です。知識と手間が必要です。
またコマンドを送られる側のサーバからは、UPSの状態監視・制御、
メッセージ送信等が出来ません。
BPSPOCはWebブラウザ経由で監視・制御可能です。)
通信がネットワーク環境に依存する
→ ネットワーク経由で通信するため、ハブなどのネットワーク機器や
ケーブルにトラブルがあるとコマンド送信ができなくなります。
間にあるハブ等もバックアップする必要があります。
関連製品
BPSPOC
SANUPS SOFTWARE
PowerChute Network Shutdown

シリアルポートを増やす

マスター/スレーブ方式シリアルポートを増やすネットワーク一括管理まとめ
外付けオプションでUPSのシリアルポートを増やし、
各サーバとシリアルケーブルで接続して通信を取ります。
同一設定で、シャットダウンソフトをインストールします。

メリット

確実に通信が取れる
すべてのサーバとマスターで通信するため、どれか1台のサーバが
通信不良になっても他のサーバとの通信には影響を与えません。
注:他社製品では、シリアル接続でもマスター/スレーブ方式の
ものがあります。ご注意ください。

シリアルケーブル接続するため、
ネットワーク環境に左右されず確実に通信できます。

デメリット

台数に制限がある
UPSS-RD4BoxNEMA515R15A2は4台まで(カスケードにより32台まで)
各サーバ1つずつシリアルポートを占有してしまう
ケーブル配線によりスペースを取る
コストが比較的高くなる

UPSS-RD4BoxNEMA515R15A2
関連製品
UPSS-RD4BoxNEMA515R15A2

ネットワーク 一括管理

マスター/スレーブ方式ユーザーコマンド実行シリアルポートを増やすまとめ
PowerMoniter for Network各サーバにSANUPS SOFTWARE
PowerChute Network Shutdownを同一設定でインストールし、
通信先にUPSを設定します。
これにより、ネットワーク経由ですべての
サーバを管理できます。

またLAN I/F カード
Advanced NW ボード・SNMP/Webボードは複数台のサーバのシャットダウンコマンドをカード内に記憶させることができるため、
ソフトの対応していないOSでもシャットダウンできます。


メリット

確実に通信が取れる
すべてのサーバとマスターで通信するため、どれか1台のサーバが通信不良になっても他のサーバとの通信には影響を与えません。
接続が簡単
→既存のネットワーク環境をそのままUPS通信に利用できるので、シリアルポートを占有せず、配線の手間が不要です。

デメリット

通信がネットワーク環境に依存する
→ ネットワーク経由で通信するため、ハブなどのネットワーク機器やケーブルにトラブルがあるとシャットダウンができなくなります。間にあるハブ等もバックアップする必要があります。
関連製品
UPSS-SP/UPSS-HP/UPSS-Hシリーズ+Advanced NW ボード・SNMP/Webボード
UPSS-A2/UPSS-X2シリーズ+LAN I/F カードSANUPS SOFTWARE
SU-RT/SymmetraLX/SU-VTPowerChute Network Shutdown

まとめ

シャットダウン方式 信頼性 独自OS対応 コスト 設定しやすさ 操作性 管理台数 備考
マスター/スレーブ方式 コスト削減したい場合
ユーザーコマンド実行 独自OSや特殊処理など
シリアルポートを増やす 通常はこちらをお勧めします
ネットワーク一括管理 △〜◎ スマートに管理、独自OS

 

このソリューションに関するお問い合わせはお問い合わせフォームまたは 03-5833-4061 までどうぞ。





トップページソリューション製品紹介サービス一覧ダウンロード会社案内サポート・FAQお問い合せ旧機種アーカイブサイトマップ
Copyright © 2002-2011 UPS Solutions, All rights reserved.