UPSソリューションズ株式会社
ソフトウェア/MAC OS X対応フリーソフト

関連リンク:
ソフト本体 ダウンロード
対応UPS Hyper-Proシリーズ
近似製品 FreeBSDフリーソフト MacOSXフリーソフト
Linuxフリーソフト Linux・Networkフリーソフト
BPSPOC FeliSafe MacSafe
Advanced NW ボード・SNMP/Webボード

MacOS X対応フリーソフトウェア
後継機種:Advanced NW ボード
MAC OS X対応フリーソフト接続例

MacOS X対応フリーソフトウェア は、
Hyper-Proシリーズ 対応の、ネットワーク接続による
簡易シャットダウンソフトです。
フリーソフトのためローコストでバックアップができます。
シェルスクリプトおよびPerl言語にて組まれているので、
カスタマイズも容易に行えます。
トラブル発生時には音声で通知することが出来ます。
Advanced NW ボード・SNMP/Webボードが必須になります。

Advanced NW ボードSNMP/Webボード単体でも、
telnet・SSHコマンドを登録して シャットダウン出来ます。
設定が容易で複数台
(16台/64台まで)のサーバを管理出来るため、
通常はそちらをお勧めします。


ネットワークケーブルは付属しておりません。
UPSとMacの間にハブなどがあるときはそれもバックアップして下さい。
※このソフトの著作権は、(株)ユタカ電機製作所にあります。
MacOS 9 の管理はMacSafeをご使用下さい。
UPSS−Oサービス対応
接続調整・ソフトインストール作業を承ります。お問い合わせ下さい
  <主な機能>

1. 停電時のOSシャットダウン
停電時はローバッテリまで電源のバックアップを継続し、ローバッテリになるとOSをシャットダウンします。

2. トラブル発生時の音声メッセージ通知
「停電」「停電復旧」「OSシャットダウン」「通信不良」時に音声メッセージで通知します。

3. 通信切断/接続の自動認識
通信切断時には音声にて通信が正常になるまで通知し、
通信が正常に戻ったときには監視ソフトを再接続させます。

4. 停電復旧時の無停電電源装置自動起動
停電復旧により無停電電源装置はAC出力を自動的に再開します。

<UPS本体の設定>
電源コンセントを接続する前に背面のディップスイッチの4番をONにしてください。


<ネットワークボード側の設定>

詳細についてはSNMP/Webボードの取扱説明書をダウンロードしてご覧ください。
設定手順内容は以下の通りです。

1. IPアドレスの設定

2. telnetによるログイン


ハードディスク内のApplication/Utilities/Terminal を起動し、
telnet “IPアドレス”
(デフォルト時:192.168.0.10)でSNMP/Webボードに接続します。
ID、PASS(デフォルト時:ともにupsuser)を入力しログインします。

3. ポート番号設定、セキュリティ設定、Socket動作モード設定
セットアップモード画面で下図の手順通りにポート番号設定、セキュリティ設定、Socket動作モード設定を行います。
ネットワークボードの設定・1

ネットワークボードの設定・2

4. 以上でネットワークボード側設定は完了です。


<インストール>

1. 管理者でログインして“UPS”ユーザを作成します。

・USER名:UPS
・権限:管理者
(システム環境設定のアカウント(ユーザ)で“ユーザがこのコンピュータを管理する”をチェックする

2. root管理者を有効にするため以下の操作を行います。

(1) ハードディスク内 /Applications/Utilites ファルダの NetinfoManager を起動します。

(2) 鍵ボタンをクリックし、管理者のユーザ名とパスワードを入力します。

(3) トップメニューの「ドメイン」→「セキュリティ」→「ルートユーザを有効」を実行します。

(4) 「Netinfoエラー」が表示されるので、OKボタンを押します。

(5) 「ルートパスワード変更」が表示されるので、rootパスワードを入力します。

3. ログオフして、“UPS”ユーザでログインします。

4. 本ソフト(upsd_mac-1.0.5.tgz)をホームの下にダウンロードします。

5. upsd_mac-1.0.5.tgzファイルをダブルクリックして解凍すると、
upsd_mac-1.0.5フォルダが作成されます。

6. upsd_mac-1.0.5フォルダ下のetcフォルダにあるUPSStart.shファイルを
TextEditで以下のように編集します。

下記“setting”部分へ、お客様の「UPSネットワーク・ボード」に設定してある
Own IP”“Own Port”“User Name”“Password”などの値へ書き換えます。

◆1箇所目の“setting”部分の記述は下記になります。

/usr/bin/perl /perl /private/etc/ups/yec_ups.pl 192.1.2.195 257 00 00000 01 upssol yec &

(1)192.1.2.195:“Own IP”(IPアドレス)
・この値をお客様のボードの“Own IP”(IPアドレス)に書き換えてください。

(2)257:“Own Port”(ポート番号(257はデフォルト))
・必要であればこの値をお客様のボードの“Own Port”(ポート番号(257はデフォルト))に書き換えてください。
またこのポート番号を変更される場合は、前述しましたネットワークボードの設定のポート番号も変更し、
ポート番号を一致させてください。

(3)00:OSシャットダウン待機時間(秒)
・この時間以上になるとOSをシャットダウンします。“00”はローバッテリまでOSシャットダウンしません。

(4)00000:停電復旧後のUPS動作
・“00000”は復旧時にUPSを自動起動させます。“99999”は復旧してもUPSは停止を継続します。

(5)01:OSシャットダウン実行後のUPS出力停止時間(分)
・OSシャットダウン命令からUPSを停止するまでの時間。
シャットダウン時間の長いコンピュータではこの値を変更してください。

(6)upssol:“User Name”(UPSネットワーク・ボードのUser Name)

・この値をお客様のボードの“User Name”に書き換えてください。

(7)yec:“Password”(UPSネットワーク・ボードのPassword

・この値をお客様のボードの“Password”に書き換えてください。



◆2箇所目の“setting”部分の記述は下記になります。

ping -c 3 192.1.2.195 >> /Users/ups/public/server.dw

(1)192.1.2.195:“Own IP”(IPアドレス)
・ この値をお客様のボードの“Own IP”(IPアドレス)に書き換えてください。
セッティング変更例

7. ハードディスク内の Application/Utilities/Terminal を起動します。

8. Terminal上で“su”(スーパーユーザー)リターンし、rootパスワードを入力します。

9. 次にTerminal上で以下のコマンドを入力します。


(1) cp -r upsd_mac-1.0.5 /tmp
(2) cd /tmp/upsd_mac-1.0.5
(3) ./make install

10. ファイル構成

(1)/sbin/upsd(デーモン)
(2)/etc/ups/UPSStart.sh(シェルプログラム)
(3)/etc/ups/yec_ups.pl(perl プログラム)
(4)/System/Library/StartupItems/UPS/UPS(起動スクリプト)
(5)/System/Library/StartupItems/UPS/StartupParameters.plist(駆動スクリプト順番指定)
(6)/etc/hostconfig(サービス起動設定)
(7)/Users/ups/public/ (このディレクトリ下に音声スクリプトファイル)

※uninstallする場合はTerminal上でrmコマンドを使用して、(1)〜(5)までのディレクトリおよびファイルを削除してください。

11. 音声メッセージの登録

「AppleScript」を起動(ディスク内のApplications/AppleScript/ScriptEditor)し、
下記4種類のファイルを作成してください。
保存場所は“UPS”ユーザー(Users/UPS/Public)の中に保存してください。

(1)ファイル名:say_failing,メッセージ:say “power is failing”
(2)ファイル名:say_back,メッセージ:say “power is back”
(3)ファイル名:say_shutdown,メッセージ:say “OS shutdown now”
(4)ファイル名:say_noconnect,メッセージ:say “no connect” say “Network connection check”

音声ファイル

12. OSを再起動します。

13. プログラムの動作確認


(1) 起動時の初期画面の最後にStarting UPSと表示されます。
MAC起動画面

(2) 無停電電源装置(UPS)の入力コンセントを抜き、擬似停電を発生させます。
その際に“Power is failing”という警告音声が通知されればインストール完了です。

関連リンク:
ソフト本体 ダウンロード
対応UPS Hyper-Proシリーズ
近似製品 FreeBSDフリーソフト MacOSXフリーソフト
Linuxフリーソフト Linux・Networkフリーソフト
BPSPOC FeliSafe MacSafe
Advanced NW ボード・SNMP/Webボード

TOPソフトウェア/MAC OS X対応フリーソフト