UPSソリューションズ

UPSソリューションズ株式会社

サイトマップ

トップページ ソリューション 製品紹介 サービス一覧 ダウンロード 会社案内 サポート・FAQ お問い合せ

製品紹介/ソフトウェア製品一覧/Advanced NWボード・SNMP/Webボード
トップページ > 製品紹介 > ソフトウェア製品一覧 > Advanced NWボード・SNMP/Webボード


関連リンク:カタログ・マニュアル:ダウンロード  関連製品:特殊シャットダウン Felisafe/Lite NW
 対応UPS:UPSS-SP UPSS-ST UPSS-HP UPSS-HS

  独自OSシャットダウン対応・ソフトインストール不要・自動運転telnet/SSH送信可能インテリジェントボード
SNMP/Webボード、Advanced NWボード

SNMP/Webボード

 

Advanced NWボード

SNMP/Webボード   Advanced NWボード
  カタログダウンロード   (577KB)
  マニュアルダウンロード   SNMP/Webボード
(1.89MB)
 
  マニュアル
  ダウンロード
 NEW Advanced NW ボード Ver4.05.01
マニュアル(4.85MB)

Advanced NW ボード Ver4.04.x
マニュアル(4.56MB)

  Advanced NW ボード
クイックマニュアル(721KB)


SNMP/Webボードは、 従来BPSPOCをインストールしたサーバからしか行えなかった、
高度な制御・表示など多彩な機能を、UPS側に持たせるオプションです。

サーバの制約が無くなるため、ソフトの対応していない/インストールできない
独自OSサーバのシャットダウン
など、 今まで困難だった電源ソリューションに対応できます。
また、バックアップ対象のサーバがダウンしている場合・ UPSが停止している場合でも、
SNMP/Webボード 自体は動作しているので、状態表示・制御が可能です。

UNIX・Linux 系サーバは SNMP/Webボード に設定するだけで シャットダウン出来るので、
従来のようにソフトを 全サーバにインストールする必要が無く、作業効率が大幅UPします。
1Uサーバ・ブレードサーバのバックアップにも力を発揮します。

スクリプトは対話式に設定することが出来るため、コマンドを一方的に送信するだけではなく、
サーバの反応を待ってから順次コマンドを送ることが出来ます。

さらに、2台のUPSが両方停電したときにはじめてシャットダウンをする
冗長連携機能を標準で搭載しているので、冗長電源サーバを最大限稼働させる
構成を組むことが出来ます。

Windows系も、telnetもしくはソフトウェア・FeliSafe/Lite NWとの組み合わせでシャットダウン出来ます。
telnet設定用プログラムが同梱のCD-ROMに収録されています。(Windows 2000 以降対応)
オプションでSSH/SSLにも対応するので、セキュリティ面も向上しています。

表示・設定・制御はすべて、WebブラウザからGUIベースで 行うことができます。
UPSS-SPUPSS-HPUPSS-HSで使用可能です。
さらに進化を遂げた Advanced NW ボード をリリースしました。
従来のSNMP/Webボードに比べ、約60倍のハイパフォーマンスを実現。
これにより、スクリプト数が16組→64組、スクリプト同時発信数が4組→20
メール送信先が4ヶ所→4ヶ所×4グループと、キャパシティが大幅に向上しました。

また、新たにSSH2スクリプトに対応。より幅広いサーバに対応するとともに、
セキュアな通信を実現しました。
ウォッチドッグタイマー・ハードウェアリセットスイッチの搭載で、ボードの信頼性が向上。
さらにUSB拡張ポートを搭載することで、さまざまな機能拡張を予定しています。
 
NEW SNMP/Webボードは16台まで 、Advanced NW ボード は64台までの
サーバ・PCを シャットダウンできますが、UPSS-SDBシリーズを併用することにより
管理台数を増やす、制限された別セグメントのサーバ・PCを管理するといった拡張が可能となります。
また、VMWareなど仮想OSへの対応が大幅に強化されます。詳しくはお問い合わせ下さい。
 
UPSS-Oサービス対応
UPSソリューションズでは、SNMP/Webボード 、Advanced NW ボードを使用した
独自OSシャットダウンスケジュール運転ネットワーク管理などの
サポートおよび設定作業 をお引き受けいたします。
まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

電源管理製品クイックリンク

200V・4000VA、100V・1500VA 1U遅延ユニット
停電時自動telnet/SSH2/コンソール送信
UPSS-RDBoxシリーズ
停電時自動telnet/SSH2送信 LAN I/F カード 停電時自動telnet
/SSH送信
Advanced NW ボード・
SNMP/Webボード
停電時自動telnet/SSH2送信
仮想化対応シャットダウンボックスⓇ
UPSS-SDBⓇシリーズ
 
電力・温度など
各種計測・集計システム
遠隔計測監視
システム 2300

特長

ブラウザからUPSへダイレクトアクセス

専用ソフト不要で、WebブラウザからGUI表示可能です。
ボードのOSは1秒で起動、またJAVA不使用なので快適に動作します。

監視ソフトレス(OSに依存しないシャットダウン処理が可能)

telnet、SSH コマンドをボード内に登録し、16台(Advanced NW ボードは64台)までの
サーバをシャットダウン出来ます。
Telnetサーバ機能のあるOSであれば全て可能です。(Windos2000以上、UNIX系 OK)
SNMP/WebボードはSSH1、Advanced NW ボードはSSH1、SSH2にも対応しています。
独自 OS、サポートされていないOS、ソフトインストール 不可のアプライアンスサーバ等も
管理する事が出来ます。ソフト不要なため、サーバに負荷をかけません。
Advanced NW ボードは、Windows用ソフトウェア Felisafe/Lite NW を併用することも可能です。

スクリプトはテスト実行する事が可能。テスト実行時はログイン手続きのモニタリングが出来るため、
スクリプト記述ミスがあってもすぐに確認・訂正出来ます。
→画面イメージ(53KB、新しいウィンドウ)
スクリプトは対話式に設定することが出来るため、コマンドを一方的に送信するだけではなく、
サーバの反応を待ってから順次コマンドを送ることが出来ます。

コマンドが中断した場合にリトライをかけたり、
各コマンドごとに任意の待ち時間を設定することも出来るため、
確実・高度な設定が可能となります。

各サーバ毎のスクリプトはそれぞれパラレルで実行されますので、
別サーバの影響を受けることなく処理が出来ます。
サーバ毎に待ち時間を設定して、任意の順番で停止することも可能です。
さらにスクリプトNo.1終了後に2を実行する、1・2→3→4・5の順に実行するといった
フレキシブルな順番設定が可能です。

自動スケジュール運転

RTC、バッテリ搭載でボード内にスケジュールを記憶出来るため、
ルータ、ハブなどのスケジュール運転が可能です。
サーバはシャットダウン連動して停止させる事が出来ます。
またNTP(NetworkTimeProtocol)に対応しているので、自動で時刻合わせ可能です。

メール・SNMP・ポップアップによる多彩な通知機能

Windowsメッセンジャー、E-Mail、SNMPで、イベント発生時に通知可能です。
SNMPは2つのMIB(RFC1628:世界標準、JEMA:日本標準)を搭載 しております。

各種プロトコルに対応

FTP・SOCKET・telnet でのアクセスも可能です。
FTP(複数台のUPSの同時起動・停止等)、
SOCKET(ネットワーク経由の独自監視ソフト組込が可能)
サンプルプログラムが同梱CD-ROMに収録されています。
→画面イメージ(23KB、新しいウィンドウ)

統合管理機能標準搭載

同一セグメント上にあるボードを検索して一覧表示できます。
社内ネットワークにあるUPSの状態を一元管理出来ます。
※SNMP/WebボードとAdvanced NW ボードを混在して表示は出来ません

LOG表示/ダウンロード機能

イベントログおよび計測ログを、Web画面で確認出来ます。
また各種ログをダウンロード出来るので、保守メンテナンスに役立ちます。
→画面イメージ(21KB、新しいウィンドウ)

パラメータ保存/読出機能

パラメータ設定情報を保存・読み出し可能。
複数のボードに同一設定を行う際、作業が大変効率的です。

ホスト監視・停止確認で安全停止

登録したサーバ(ターゲットホスト)のping監視を行います。
UPS停止時は接続されているコンピュータを完全にシャットダウンした後に
UPSを停止するので、シャットダウン時間が変動しても安心です。

オン・オフ制御、遅延起動制御

UPS全体、コンセント個別(06~14HPで対応)のオン・オフ制御が出来ます。
復電後も同様にUPS全体コンセント個別(06~14HP)にて遅延起動時間を設定出来ます。
→画面イメージ(23KB、新しいウィンドウ)

セキュリティ強化

IPアドレス制限、ユーザー認証で制限します。
またオプションでSSL/SSH に対応。さらにセキュリティが向上します。

冗長化電源対応・連携機能[詳細]

SNMP/Webボード同士(もしくはAdvanced NW ボード同士)が相互監視通信をする事により、
UPS2台が両方停電したときのみサーバをシャットダウンさせる事が出来ます。

UPSS-基本サービス 付きです。


UPSS-Oサービス対応

接続調整・LAN設定作業を承ります。お問い合わせ下さい

冗長連携機能・イメージ図

冗長化電源機能
UPS1が正常である場合、UPS2が停電 /異常時に端末2のみをシャットダウンする。
UPS1が停止中である場合、UPS2が停電、異常時に端末2Server1をシャットダウンする。
UPS2が正常である場合、UPS1が停電 /異常時に端末1のみをシャットダウンする。
UPS2が停止中である場合、UPS1が停電 /異常時に端末1Server1をシャットダウンする。


仕様比較

機能比較 Advanced NW ボード SNMP/Webボード
ハードウェア CPU Mips系 400MHz SH2 44MHz
動作環境 温度:0~55℃ 湿度:10~80%RH(結露なきこと)
Ethernet 100BASE-TX/10BASE-T 全二重 自動判定 100BASE-TX/10BASE-T 半二重 自動判定
ハードリセットスイッチ あり なし
ウォッチドッグタイマー あり なし
拡張ポート USBポート×1 なし
ソフトウェア OS Linux Linuxライク(POSIX準拠カーネル)
シャットダウン対応OS telnet、SSH v1、SSH v2でログイン出来るOS
(UNIX 全般、Windows2000 SP4 、XP以降 など)
telnet、SSH v1でログイン出来るOS
(UNIX 全般、Windows2000 SP4 、XP以降 など)
スクリプト数 64組 16組
スクリプト対応プロトコル telnet、SSH v1、SSH v2 telnet、SSH v1
スクリプト同時実行数 全プロトコル共通で同時20組まで telnet:4組、SSH v1:1組
メール送信先 4グループ(各グループ4ヶ所、最大16ヶ所)
イベント毎にグループ指定可能
4ヶ所のみ
制限値によるイベント発行 前もって登録した制限値を
超えたらイベント発行可能(最大10件)
なし

この商品に関するお問い合わせはお問い合わせフォーム、または 03-5833-4061 までどうぞ。

関連リンク:カタログ・マニュアル:ダウンロード  関連製品:特殊シャットダウン Felisafe/Lite NW
 対応UPS:UPSS-SP UPSS-ST UPSS-HP UPSS-HS



トップページソリューション製品紹介サービス一覧ダウンロード会社案内サポート・FAQお問い合せ旧機種アーカイブサイトマップ
Copyright c 2002-2011 UPS Solutions, All rights reserved.